ホーム > GMOアンテナ > 【WEB面接対策】わたしでもできる? WEB面接ツール編

GMOアンテナ
GMOが提供する、求職者・採用担当者向けの情報発信メディア。

【WEB面接対策】わたしでもできる? WEB面接ツール編

就職活動で避けては通れない面接。

コロナ禍にある現代では感染を避ける意味でも オンラインでWEB面接を行っている企業が増えています。

 

オンラインでの面接は企業に出向かなくてもよいというメリットがある反面、自身で面接の環境づくりをしなければならないのがデメリットだと言えます

 

GMOアンテナではシリーズでWEB面接について取り上げてみたいと思います。

今回はその第1回目、WEB面接のツールについてのお話です。

 

 

 

 

WEB面接に必要なものは?

 

WEB面接ではご自身で準備するものがいくつかあります。

 

●インターネット環境

安定したインターネット通信環境の下で面接を行うことが望ましいため、途中で回線が途切れたりしないような安心できるWi-Fi環境が必要です。

パソコンを使用するのであれば、無線LANを有線にするとより安定します。

 

●インターネット通信機器

・パソコン又はスマートフォン(タブレットでもOK!)

面接担当者の顔や雰囲気がより伝わりやすいので、画面の大きいパソコンが望ましいところですが、スマホやタブレットでもOKです。

ですがここで注意したいのは、面接担当者はパソコンを使用しているということ。

スマホで通信している場合、こちらの画面では小さく映っているものが面接担当者のパソコンには大きく映っていることを忘れずに。

※マイクとカメラが内蔵されていないパソコンの場合は別途必要になりますのでご注意ください。

・イヤホン

スマホやタブレットの場合 スピーカーで通話すことも可能ですが、声が割れてしまって面接担当者の声がききずらくなることがあったり、回線が不安定な時に企業担当者の声が比較的聞き取りやすいイヤホンがあると便利です。

 

●以下のようなビデオ通話ソフト又はアプリ(以下サービス)

・skype          ・appearin

・Chatwork    ・zoom      など他にも色々なサービスがあります。

 

一般的には上記のようなサービスを利用している企業が多いようです。

入手しやすく、初めてでも比較的 扱いやすいサービスが選ばれているようですね。

応募者のニーズに応えるために、上記のようなサービスを複数準備している企業もありますので、面接の日程調整の際に企業から複数のサービスを提示された場合は、ご自身が使い慣れているサービスを指定すると良いでしょう。

 

以上、今回はWEB面接のツールについて取り上げてみました。

ぜひ参考になさってくださいね。