ホーム > GMOアンテナ > こんなところまで見ているの!?  履歴書写真 「あるある」

GMOアンテナ
GMOが提供する、求職者・採用担当者向けの情報発信メディア。

こんなところまで見ているの!?  履歴書写真 「あるある」

履歴書に貼る写真。「これはいつ撮った写真だっけ…? 今回も使って大丈夫かな?」

という経験はありませんか?

書類選考がある企業だけでなく、どの企業も履歴書の写真はしっかりと見ています。

では具体的にどんなところを見られているのでしょうか。

今回はこんなところまで見られている履歴書の写真のお話です。

 

意外と知らない証明写真の有効期限

履歴書写真には規定があるのをご存じでしょうか。「上半身」「脱帽」「3ヶ月以内に撮影」のものであることが規定とされています。書類選考を突破して実際の面接となった時に、履歴書の写真とあまりにギャップがある場合には、マイナスのイメージをもたれてしまう可能性もあります。頭髪の長さや体型の変化などを考えても、3ヶ月以内に撮影したものを貼るようにしましょう。

 

 

使い回しした写真はバレる!?

ちょっと失敗しちゃったので、一度貼った写真をはがして新しい履歴書に貼る。これは普通のことなのですが、うまくはがすにはコツが必要です。

一度貼った写真を無理やりはがすと、写真に細かい皺が入っしまうことがあります。自分ではうまくはがしたつもりでも、審査をする側は意外とチェックしているものです。

皺が入った写真を貼った履歴書は、『他社で不採用になったのでは?』という あらぬ想像につながりかねません。

そのためにも、履歴書の日付は面接日に合わせ、皺のないきれいな証明写真を貼ることがおすすめです。

 

 

こんなところまで見られている履歴書写真。ぜひ参考になさってくださいね。