ホーム > GMOアンテナ > 面接でよく聞かれる質問!|面接対策

GMOアンテナ
GMOが提供する、求職者・採用担当者向けの情報発信メディア。

面接でよく聞かれる質問!|面接対策

「志望動機は何ですか?」を代表する質問が、面接では必ず行われます。内定を勝ち取るためにもしっかりと対策しておきたいものです。

しかしどうすれば面接官に好印象をもってもらえる回答ができるのかわからない人も多いはず。

そこで今回は面接でよく聞かれる質問を5つ厳選し、それぞれの質問の対策方法を解説します。

今回紹介する対策を真似すれば、面接官に好印象を持ってもらえる可能性大ですよ!

「なぜ当社に応募したのですか?」

どうして面接する会社を選んだのか、理由を明確に説明することで入社意欲をアピールすることができます。 自分の今までの経験が会社に適合する理由を具体的に説明しましょう。 漠然と「関心がある」「経営方針に共感した」と答えると、企業研究も自己分析も足りないと判断されてしまいます。

「希望する職種を選択した理由は何ですか?」

今までの経験・知識を基盤として、新しい職種の仕事をしたいと伝えたらOKです。 「興味があった」「給料がいいから」などと具体性のない簡潔な回答は避けましょう。

「他の会社を受けていますか?」

他の企業に同時に応募するのは当然のことですから、下手な嘘をつく必要はありません。ただし、「御社が第一志望だと思っています」の一言は必ず添えてください。たとえ本当に第一志望ではなくても伝えておきたいところです。

「あなたの長所は何ですか?」

人気のある求人なら、自分より優れた経歴と特徴を持った応募者が殺到します。 この質問はそのようなライバルと比較して、あなたを採用するメリットはどんなところにあるか判断するためです。過去の経験から判断して他人より勝っているところをアピールしましょう。

「何かトラブルが起きたらどう対処しますか?」

具体的な解決策を考えて伝える必要はありません。ただ「上司にすぐに報告・相談します」と答えましょう。ベンチャー系企業でないかぎり、この回答がベストです。

 

 

以上、面接でよく聞かれる質問5選とそれぞれの対策を取り上げてみましたが、いかがでしたか?

今回紹介した対策を意識すれば、面接がうまくいく可能性がぐっと高まります。

今後面接する予定があるなら、ぜひ活用してみてください。